牌効率


イメージ画像
  1. 牌理で打つ

    牌効率とはどのような考え方なのか?切る候補のリストアップと比較の繰り返しに極意があります。

  2. 有効牌と枚数

    「枚数が多ければ多いほど有利」なのはという麻雀の基本原則を確認しましょう。

  3. 浮き牌の理論

    牌の持ち方によっては機能が重複してしまうケースがあります。不必要な牌は捨ててしまいましょう。

  4. ターツ理論(1)

    受け入れ枚数と良形への変化という視点で、ターツの機能を比較しています。

  5. ターツ理論(2)

    リャンカンの考え方を中心に、リャンカンのバリエーションを確認します。

  6. ターツ理論(3)

    実戦でも頻繁に見かける複合ターツとその扱いについて。

  7. 打牌選択の思考法

    牌効率の練習方法、考え方、うまい人は何が違うのか? 牌理の真髄に触れましょう。

  8. 初期牌理(1)

    配られた段階、あるいは初期の段階ではどのように手を進めていけばよいのか。

  9. 初期牌理(2)

    完成の形がまではっきりと想像できないような搭子が多いケースを見てみましょう。

  10. リャンシャンテンの牌理(1)

    完成に近づく二向聴(リャンシャンテン)時の牌効率を身につけましょう。

  11. リャンシャンテンの牌理(2)

    前回の続き。最も一番機能の低いターツを払うという視点を忘れずに意識してみてください。

  12. リャンシャンテンの牌理(3)

    例外的に発生する七対子(チートイツ)や、雀頭がない場合などの牌姿を確認しましょう。

  13. イーシャンテンの牌理(1)

    アガリ率に大きく影響を与えるイーシャンテン時の牌理は、手作りでもっとも重要な技術と考えます。

  14. イーシャンテンの牌理(2)

    イーシャンテン時の牌効率。頻繁に見かける形をパターンとして覚えてしまいましょう。

  15. イーシャンテンの牌理(3)

    どちらを選択するほうがアガリに近づけるのか? という部分で比較する意識を身につけます。

  16. イーシャンテンの牌理(4)

    引き続きイーシャンテンの牌理。ノーヘッド形のイーシャンテンに触れています。

  17. イーシャンテンの牌理(5)

    前回に続き、ノーヘッド形の検証を行います。

  18. イーシャンテンの牌理(6)

    くっつき形イーシャンテンに触れています。イーシャンテンの牌理は重要なのでページ数が多いです。

  19. テンパイ時の牌理

    テンパイ時は選択肢がないケースの方が多いですが具体的なケースを見ていきましょう。

  20. シャンテン戻し

    効率だけを見るとアガリから遠ざかる「シャンテン戻し」をする場合も中にはあります。

無料で遊べる麻雀ゲーム

萌え×麻雀×オンライン×無料なら、桃色大戦ぱいろん

このページの先頭へ