鳴き


イメージ画像
  1. 鳴きのメリット、デメリット

    鳴きが上手くなるためには長所と短所を理解することが大切。 「副露/フーロ」「喰い仕掛け」とも言います。

  2. 副露判断の基本

    鳴く・鳴かないをどのように判断すればいいのか。

  3. ポンとチー(1)

    他家の切った牌を利用するポンとチーですが、この2つには違いがあります。

  4. ポンとチー(2)

    ポンできるトイツが複数あるときや、何通りかのチーの仕方があるときのコツ。

  5. カン(1)

    ポンやチーと同様に、カンにもメリットとデメリットがあります。

  6. カン(2)

    カン材(カンできる材料)があるのにカンすべきでないとき。

  7. 鳴きとシャンテン数

    鳴くときはシャンテン数に注目しましょう。「シャンテン数の変わらない鳴き」にも触れています。

  8. 食いタン

    どのようなときにメンゼンから鳴いていくべきなのか。

  9. トイトイ

    初心者が特に好む手役ですが、トイトイを狙うべきでないケースももちろんあります。

  10. ホンイツ

    ホンイツには鳴くべきでない牌もあります。それはどのような牌でしょうか。

  11. 後づけ(1)

    役が確定していない状態から他の部分を鳴くことを「後付け」と言います。

  12. 後づけ(2)

    メンゼンで手を進めるよりも、後付けで仕掛けたほうがよい手牌・場面。

  13. 鳴きのテクニック(1)

    実戦で使える鳴きの小技を覚えましょう。鳴きの技術はアガリ率に直結します。

  14. 鳴きのテクニック(2)

    赤入り麻雀で狙うことが多い喰いタンのテクニックを紹介します。

  15. 鳴きのテクニック(3)

    使う場面はそんなに多くはないですが覚えておいて損はありません。

無料で遊べる麻雀ゲーム

萌え×麻雀×オンライン×無料なら、桃色大戦ぱいろん

このページの先頭へ