ドラと赤牌


イメージ画像
  1. ドラへの対応(1)

    ドラを無駄にしない打ち方「ドラ受け」は常に意識しましょう。

  2. ドラへの対応(2)

    ドラは1枚で1飜です。手牌にあるドラは出来るだけ使い切るようにしましょう。

  3. ドラ2以上の場合

    自分の手牌にドラが2枚以上あるときはどのように手を進めればいいのでしょうか。

  4. ドラ切りのタイミング

    早すぎても遅すぎてもいけません。鳴かれるとやっかいなドラはいつ切るのがベストなのか。

  5. ドラと手役の選択

    選択の判断要素には受け入れの広さや打点などがあります。

  6. 赤入り麻雀の基本

    赤なし麻雀との違い。赤入り麻雀ではどういう打ち方が良いのか。

  7. 赤牌と祝儀

    祝儀麻雀(チップがあるルール)で赤ドラを持っているときの打ち方。

無料で遊べる麻雀ゲーム

萌え×麻雀×オンライン×無料なら、桃色大戦ぱいろん

このページの先頭へ