漫才

大阪にいると子どもの頃から漫才を見る機会が多い。熱心に舞台を見にいくわけでも、追っかけをするわけでもないかったけど、テレビをつければ漫才がやっていた。別に今でも熱心に見るわけではないけど、なんとなく10年以上前の記憶をたどって漫才コンビのことを書いてみる。私が記憶に残っている当時の若手漫才コンビの多くは、いまで第一線で活躍しているので、やっぱり実力があったんだろうと思う。記憶にあるって感じなので、最新の漫才と比べてどうかってのはよくわかりません。

・ジャリズム

ジャリズムは今でも一番印象に残っているし、当時から抜群に面白かった。ここ数年、ジャリズムの渡辺は「世界のナベアツ」として ブレイクしたような感じもあるけど、大阪で漫才やっている時から何かした飛び抜けた才能みたいなものがあったように思う。YOUTUBEで「葬式DJ」が見れるけど、いまでも面白いけど、当時はすごく新鮮だったように思う。

・中川家

中川家もやっぱり昔から漫才がうまいなぁと思ってた。弟の礼二の個人技による面白さという部分はあるんだろうけど、漫才としてすごく息があってたし、やっぱりネタの面白さとは別に実力があったんだろうと思う。何をもって漫才の「実力」とするのか、言葉では私は説明できないんだけど、それは見てたら「ああ、うまいなぁ」と感じさせてくれるコンビってのはいる。そんな中の一組が中川家だった。舞台で見たことがあるんだけど、やっぱり面白かった。

・海原やすよ・ともこ

このコンビも漫才を見たときに、すごいコンビだなーと思った。決して全国区で知名度があるわけではないんだろうけど、漫才としては非常に完成されているというかうまい。女性的な完成のネタは必ずしも私が面白いと思うようなものではないんだけど、漫才としての完成度はかなり高い水準じゃないかと思ったりする。海原といえば、漫才界のサラブレッド、名門だから実力というか底力があるような気がする。

・千原兄弟

あんまり好きではないという意味で記憶に残っている。Jrは天才とか呼ばれて芸人からの評価が高い傾向があるけど正直好みではない。確かにネタも面白いのはあるんだけどね。昔、何かの漫才コンテストのTV中継で、若手がトーナメントで対戦する企画があった。この1回戦で人気急上昇の千原兄弟が出てきたんだけど、対戦相手(誰かは忘れた) のほうが、明らかに面白かったし会場のウケもよかった。審判は太平サブローのみ(この制度もどうかと思うけど)。サブローは迷ったあげく、千原兄弟に軍配をあげた。企画の目玉の千原兄弟を一回戦で負けさせるわけにはいかない事情もあったんだろうけど、さすがにこれはないと思ったこともあって、なんかイメージ悪い。

・ベーブルース

関西で人気が出て関東に出て全国区になるというモデルが若手漫才師にあったはずだけど、その例で最も成功したのはダウンタウンかもしれない。その後の成功例がナインティナイン。本当はこの間にベーブ・ルースが入っていたはずだった。ダウンタウンとナイナイの間に。このコンビも面白かったし、今でももう一回、漫才を見てみたいと思う。ジャリズム好きだとはいったけど、ベーブルースも好き。むしろ、世間的な認知度や評価ではベーブルースのほうが圧倒的に上だったように思うし。 そういう意味では非常に残念。たぶん、ベーブ・ルースがいたら今、テレビに出ているような関西お笑い芸人の系譜が少なからず変わっていたように思う。

・サバンナ

最近、サバンナの高橋がアメトークとかに出ているのを見てちょっとうれしい。はっきり記憶にないし、高橋がボケだった記憶があるんだけど、ツッコミキャラになってる感じもする。漫才を見て「面白いなぁ」って思って名前を覚えていたんだけど。全国区のテレビで活躍しているのを見ると嬉しい。

そんな感じです。ケンコバとか逆に若手と呼ばれていた頃の舞台や漫才をあんまり記憶してない。モストデンジャラスコンビとかやったけど、そんなに面白いと思った記憶もない。逆にジーメンズとか わりと面白いと思ってたんだけど、いま別に活躍もしてないよね。バッファロー吾郎とかも、そんな面白いと思ったこともないんだけど。売れる売れないは、いろんな要素があるから難しいと思うんだろうけど、やっぱり今、活躍している人を見るとやっぱり実力あるんだろうなと思ったりする。

天鳳リアルトライアルを行う難波のイーソウは、難波花月の近くにあるので、関東から来る人で興味があれば漫才でも見にいってください。関西にいれば「もう何回目だよ」って感じの大御所のネタも、初見、2回目ぐらいならけっこう楽しめるかもしれない。小学校の時に親と一緒に難波花月に漫才を見に行った。ダウタウンが人気で、女の子が舞台のまわりを囲んでいてプレゼントを投げたりしていた。コントをやっていて、ダウンタウン以外にも誰か出ていて当時は名前も知らない人だったけど、よく思い出せば今田耕司だったと、随分後になって知った。それよりも、その後の桂文福の落語がものすごいシモネタで、親と見ていてものすごく気まづくなったことが強烈に印象に残っている。この件があって、桂文福が嫌い。けど、名前覚えてしまったというトラウマ。

麻雀漫才ってのは聞いたことがない。思いついたけど、スベりそうなんで書かない。

Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.
Powered by WordPress | Designed by: Download Premium WordPress Themes | Thanks to Compare Best WordPress Themes, best wordpress themes and Free WordPress Themes