ペチョーリン軍団総会

先日、都内某所で行われたペチョーリン軍団総会に出席したので感想などを書いてみたい。誰も読みたくないとかそういうの関係ないんで。

まず、私一人が「ペチョーリン軍団、ペチョーリン軍団」と連呼していて、まわりが誰一人ついて来てなかった孤独感、疎外感が半端なかったです。途中で「ペチョーリン軍団ってほんまになんなんやろ…」と悩んでしまった。概念としてなんなん? 誰が在籍してるの? なんでもいいんだけどね。

VS Taroo

tarooさんは麻雀界隈では本当に数少ない信頼するに足る人物だと思う。何かを頼んだりした場合に、期日やクオリティーを守って安心して頼める、任せられるって感じで、ペチョーリン軍団にはこういう人材こそ不足していた感じがする。いや、本当に何かを安心しておまかせできる人って少ない気がするので、持ち前の信頼感でお仕事をがんばってほしいです。真面目なところが面白くって、ムチャぶりをした時の反応が楽しいので、つい無茶な要求してしまう。あと手持ちがなかったので3000円借りた。これはいつでも返すだけの度量が私にはある。3000円は返します!! けど、金無い時に、なかったらtarooさんに借りようとまっさきに思えるほど信頼感や安定感がある。

はこパラのリニューアル大変だと思いますけどがんばってください。定期的におちょくりに行きたいと思います!!

VS巷の打ち手

本当に気配りの人で、他人のグラスが空にならないのか、回転寿司を吟味するかのように注視してる感じがする。集合時間直前に店が変わったり、ツイッターが重かったりでグダグダだったので、幹事ごとは巷さんに任せるといいと思う。前に巷さんが「集合時間に最初の飲み物聞く」みたいなことをオフの幹事でやっていて、それは私のリアル同窓会で採用させてもらった。麻雀オフ会の幹事マニュアルとか、まとめてみてはどうだろうか。都内のキャパに合わせたお店選び、幹事の心構えとか、経験豊富そうでいいかも。

ウシジマと二人で飲みに行った話を聞いて、そんな仲いいのかと不思議に思ったのと、市民さんとは変わらず仲良さそうな感じ。お店推薦してもらったのだけど、その店は某ウシジマさんが「いい店なんで内緒にしておきたい。」みたいな感じで却下になった。どんなけいい店やねんと思った。常に冷静沈着という感じが私の印象だ。ご家庭での活動がんばってください。結婚生活の話を聞くと不思議と面白いね。

VS銀行さん

急遽、ご参加いただきありがとうございました。あんまり書いたらまずいみたいなので。たまたま同性の人が予約していて、店に予約名をつげたら、ぜんぜん知らないコンパの席に案内されるというハプニング。

VSペチョーリン

今回の飲み会で一番、株を下げたのがペチョーリンといえよう。このへんに関しては参加した全員の見解が一致している。「ペチョーリンやばくない?」そんな感じの意見で一致した。2次会にみんなで行こうかって流れの時に、時間あるにもかかわらず、フリーに一人で打ちにいった。どんなけ麻雀やりたいねんと思った。みんなでその後に話し合いになったけど、二次会行こうかの流れの中でフリー行くとかどうなん? みたいな。この点に関しては、賛否両論だけど、私はこの行動は一定の評価をしてもいい。なんていうか、キチガイ感が出てる。この流れの中で「僕はフリー行くんで」とか、普通の感覚があれば言えないと思うけど、それを平然といってのけるペチョーリンの麻雀への情熱はすばらしい。けどキチガイ指数があがるほど、普通の社会常識から外れていくというジレンマもあった。

そんな評価あげる部分があったにもかかわらず、なぜペチョーリンが評価を下げたのか。それは、飲み会中に、人間的に薄っぺらさを露呈した。夢もなければビジョンもない、信念もない。面白い話もない。あるのは浅い考察に保身しか考えてない児戯に等しいレベルのブログ記事に感情論(笑)チヤホヤされるのが楽しいといった俗人まるだしの根性と、あらゆる点で酷評されてもしかたない。コマツと同レベル。人としてどうよ?みたいな。カリスマ性のかけらもないね。この点に関しては猛省してほしいし、持ち上げた私も猛省する。みんなそう言ってた。全員から「失望した」って記事書かれても不思議ではないよ。

VS刻子市民

市民さんは反応やリアクションが豊かなので、見てるといちいち面白いよね。メンタル部分の脆さも、だんだんと成長してきている感じがする。関東勢で一番の才能と潜在能力の持ち主という点では私の評価は揺るいでいない。あと女性受けするというか、一番モテそうな感じがするのが市民さんだと勝手に思った。いろいろ10時間近く話していたせいで、個別に書くことがない。

あと配信の経験が豊富な人とか、ブロガーの集まりを見ていると思うけど、表現すること、あるいは相手を楽しませようとすること、場を回す感覚に優れた人が多いきがする。特にしゃべる技術という意味では、配信慣れしている人がいると、飲み会の席で困らないみたいな感じ。この場では市民さん、ウシジマさん、巷さん、tarooさんあたり。もともとの性格の差はあるんだろうけど、配信者がいるとあんまり無言の時間が生まれないというか、生まれても誰かが反応するみたいな感じがすごいする。気のせいかもしんないけど。

精神的な脆さが解消されたことで、ちょっと市民さんに協力してほしいことができた。やってみることにしよう。本人覚えてないかもしれないけど、確かに言ったので約束は守ってもらう。市民ブログへの煽りコメント麻雀大会とかやりたいね。プルプルさせて泣かせたやつが優勝みたいな。会話の中で「俺のこと、麻雀すげえへたな雑魚と思ってない?」って聞いたら「思ってますよ」っと返事があったので、今度、機会があればセットをすることになった。「手加減とかしないですよ?」とか言われたら「したら、お前の負けだ」と言うね。まー娘カップの第1回の優勝者が誰か思い出してみるといいよ。

VS爆牌ウシジマくん

よくわかんないけど、彼女できないとかいろいろ言っているのを見ていつも「なんでウシジマさんに彼女できないのかな?」と不思議に思う。ウシジマさんの気配り力というか、場の空気読む力はかなり高い水準だと思うし、それを女の子に発揮すればいいのにとか思う。だけど、私も若かったらウシジマさんのそういう能力については察知してないだろうし、若い女の子とかには伝わりにくい能力なのかもしれないなぁと思う。年上の上司とかには好かれそうなんだけどね。以前、「爆牌ウシジマくんの魅力」という記事を書こうとして、途中で飽きてやめた。ヒゲさんとのやりとりの中で、おお!って思った場面があったのだけど、それはまた今度書くことにします。

あと空回りしている感、不器用さが半端ない。噛み合った時の爆発力が発揮される日が来るのだろうか。お中元を2回贈ったんだけど、それがものすごい物になって近い将来に帰ってくることを期待したい。鯖無さんと話したんだけど「うっしーさんの我慢のなさは俺たちの想像以上」って感じの意見で一致した。1次会では席が近かったので、ずっとしゃべったけど、個別の話の内容は覚えてない。飲み会の日程は、ウシジマ中心に動いていたという謎の展開だった。

参加した飲み会でつまんなそうにしている人を見ると気になってしまうんだけど、そういう意味で常に注意してたけど「楽しんでますよ」って言ってたので、まあいいか。

福地さんとHAZさん登場

みんな福地さんが来たことに、すげー驚いてた。福地さんとか絶対に来ないでしょって言ってたけど。そういうもんなんだ。

VS北HAZ

初めてお会いした。席が遠かったのもあって、あんまりお話する機会がなかったんですが、HAZさん来てからのガチ麻雀勢の話し合いが外から見てると、ちょっと異様だった感じがする。変な人ではないのはわかっていたし、ネットで目立っている人には会いたいとは思っていたので、いい機会に恵まれました。あとでツイッターで私が〇〇に似ているってつぶやいてたけど、本当にこの点に関しては昔から損した覚えしかない。昔から、その時代に合わせた〇〇に似ているを言われて、それがだいたい男前の名前があがる。事前にものすごいハードルをあげられたり、「似てねえよ」とか「調子のるなよ」とか勝手に言われる。俺はなんも言ってねえし、みたいな…。

勝手にハードルをあげられて、勝手に文句言われる構造があって、なんか損した気分。あとウシジマさんか誰かが「HAZさんはマネーの虎に出てる人に似てる」って言ってて、私は「小林事務所の小林社長とか、南原社長」みたいな姿をイメージした。研究者っていうし。そしたら、司会の吉田栄作だった。そっちかよ、と思いました。

VS福地誠

今回の飲み会で男を上げたのは福地さんだろう。出席した時点で驚きがあったのが変だった。オワコンとか言ってすいませんでした。

福地さんたまに書いてるけど、昔バックパッカーやってた話とかを個人的に聞きたかった。インドアの麻雀しかやってなさそうで文筆業って感じなので、ヒッピー風のバックパッカーやってたのとか想像がつかない。麻雀の話は普段からブログとかで書いているのでよくわかるんだけど、プライベートな話とか若い頃の話とかが聞けて随分と新鮮な感じがした。当日、1次会の前にも会ってたので、1日中話をしていた感じもする。何話してたってわけではないんだけど、雑談です…。

ここで一次会が終了して、そのまま二次会へ。HAZさん、ウシジマさんあたりは終電があるので帰るってのはわかるけど、ペチョーリンは麻雀やりたいからという理由で一人でフリーに行ってた。

VSヒゲロング

ヒゲさん仕事の都合で来れないって話だったんだけど、まさかの登場。職場からタクシーで池袋に登場する。その時の市民さんのテンション上がり具合が印象的で「ヒゲさん来るって!ヒゲさん来るって!」って連呼してた(大迫ハンパないぐらいのテンションで)。ロードオブザリング3でローハンの騎馬軍団が登場した感じだった。ヒゲさんもたいがい、頭おかしい感じがする。なんか、変なこだわりがあって、そのこだわりも外から見てるとよくわかんねえし、誰と戦ってるのかって謎すぎる。ゲーム売るの早いし。ヒゲさんはいつ失踪してもおかしくないって意見があったんだけど、どうなんだろう。気楽な感じで生きてそうだけど、たぶん、本人の感覚と外から見た感じは違うんだろうなと思ったり、私は普段から会うわけではないので、何が起こってるのかはよくわかんない。

前にヒゲさんと二人でやった配信なんだけど、いまでも深夜の作業中とかにラジオ代わりに聞きなおしたりする。http://www.nicovideo.jp/watch/sm11635522 自分がしゃべってるからかもしれないけど、わりと楽しく聞いてるし、二人とも、たまにいいこと言ってる。ちょっと長いけど、お暇な方はどうぞ。

VS男冥利

初めてお会いしたし、機会があればお会いしたいと思ってました。けど、後半に登場したこともあって、申し訳ないんだけど、私もかなり飲んでた感じ。男冥利ドットコムをどうするのか?って話で、「手土産持ってきてくれたら、ペチョーリン軍団としては聞かない話ではないよね」とか言ってたと思う。えらそうですいません。麻雀王国とも良好な関係になったみたいで、今後に期待したいと思います。飲んでる時に知らない関東の人とかがいると、なぜか一人称が「わい」になって、必要以上に関西キャラを演出したくなるギミックが発動してしまうんだけど、私は普通の大阪人です。

最後のまとめ

一次会の最後に、大阪からわざわざやってきた私のわがままリクエストで、ちょっとした余興みたいなものを皆さんにやってもらった。学生のサークルコンパみたいなノリだったんだけど。 全員が麻雀を接点に集まってるわけだけど、麻雀の外側にある私生活やお仕事はみんなバラバラだ。私は私なりにずっと「死生観」みたいなものがあって、生きるとか死ぬとかなんなんだろうと思う。この前の飲み会ではロリ肉さんに「死んだらどうなるの?」って質問してみたけど、別に明確な答を求めてるわけではないし、誰もわからないのはわかる。

そんな中で参加した皆さんに、自分が死ぬまでにやりたいこと、目標、なすべきこと、みたいなものを順番にしゃべってもらった。みんなこれから先、何をどうしたいのか? それでどうやって終わっていくのか?

答えは本当にバラバラだった。笑いもあればシリアスなものもあった。この話が聞けただけで大阪から来たかいがあったようなもんだ。こういう場合にはやっぱり年上の人のほうが深い話をするなぁと思った。個別に何をいったのかは私は書かないので本人に聞いてみてください。ある意味、参加した人の特権だ。すごく楽しかったです。また飲み会でもしましょう。

Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.
Powered by WordPress | Designed by: Download Premium WordPress Themes | Thanks to Compare Best WordPress Themes, best wordpress themes and Free WordPress Themes