純粋ペチョーリン批判

恋愛アドバイザーの管理人音無です。こんにちは。「ブラックスワン デート」「ブラックスワン カップル」といったキーワードで検索してくる人が多いみたいなので、カップルでおすすめの映画について、あらためて私の意見を書いておこう。今回は前半部分として、こうなるまでの背景や経緯を説明しておく。

事の発端はコマツ(童貞、モテない)が、ペチョーリン(おっさん、モテない、金はある)に 「女の子と映画を見に行くのでおすすめの映画を教えてほしい」という、いろいろと間違った質問からはじまった。そもそもこの質問もダミー臭いし、コマツの妄想じゃねえのかって話や、モテない奴がモテない奴にアドバイスを受けて、結果的に何にが発生するかとか、普通はわかりそうなもんだが…。ばかなやつめ。

間に合えば&相手が見ていなければ塔の上のラプンツェルがベスト。パイレーツオブカリビアンは安全策。ブラックスワンはデートムービーとしては地雷なので不可。RT @k0machu: 【教えてペチョーリン!】今度女の子と映画見に行くことになったのでおすすめの映画教えてください。

コマツという人は麻雀しかできない、普段はツイッターでちんこちんこか、人の文句ばっかり言ってる人間性の腐った矮小な人物で、映画に行ったとしても、まあ失敗するだろうって予想はつく。私の想像なんだけど、どんな映画を見ても内容なんてどうでも良くって、セックスのことしか頭にないんだろう。せいぜい映画終わって飯をおごるとかで、デニーズとかサイゼリアに行くけど(ポップコーン食べ過ぎでご飯食べれないパターン)、麻雀の話以外に話題がないからメールでペチョーリンに助けを求めたりする。「ペチョーリンさん、話題がないです。助けてください(><)」とかね。それで妄想と勘違いが極まって「ひょっとしたらセックスできるかも…」みたいなことに焦りだして、先走ってファミレスのトイレでチンチン洗ったりして準備しだしたりするんだけど、結局は振られるわけだ。ばかなやつめ。

ペチョーリンのほうも的はずれなアドバイスをするんだろう。これも私の想像だけど、どうせ事前にアドバイスとして「映画のいいシーンになったら 女の子の手をそっと握るんですよ」とかバカなことを言う。「おっさん、頭の中はまだ80年代かよ? もうとっくに21世紀だぜ」って言いたくなりますよね。コマツから「ペチョーリンさん、話題がないです。助けてください(><)」とか助けをもとめられても、麻雀のことしかないから「自分の得意な分野の話をするんですよ。牌効率とか」みたいなペチョーリン必殺の「もっともらしい理屈のついた間違ったアドバイス」をする。まに受けたコマツがデニーズの割り箸や紙ナプキンに何切るとか書きだす。「サンショクみてペンチャン払う?」とかいうんだろう。ばかなやつめ。

これらは私の想像ではあるんだけど、だいたいあっているから怖いです。そう思いませんかみなさん?

ラブストーリーをカップルで見に行っていいのか?という問題については、後編で触れてみようと思います。男と女のカップルといっても様々で、付き合っているカップル(便宜的にこれをA状態と呼ぶ)これから付き合いたいと思っているカップル(いちばん楽しい時ですね。これをB状態と呼ぶ)最後にあまり望みのない状態(これをコマツ・ペチョーリン状態と呼ぶ)の3種類に分類してみたい。俗にいう天運・地運みたいな概念もあって、映画の選択は地運のほうに分類されますよね。

だけどね、見る映画変えるだけでうまく行くわけないってのは単純にわかる話じゃないですか? そんな簡単に彼女できたらみんな苦労しないですよね。髪の毛を染めたり、おしゃれをすることが悪いとはいわないけど、まあ方向性が間違ってドツボにハマるパターンの典型ですね。

じゃあどうすればいいのですか?

そこで、カップルで見るべき映画の選択方法とは別に、私が提唱する『彼女をつくらない技術』をブログで公開しようと思います。お楽しみに。

*コマツにメールとかでアドバイスや相談を求められたりした場合には、この画像を教えてあげてくださいね。

Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.
Powered by WordPress | Designed by: Download Premium WordPress Themes | Thanks to Compare Best WordPress Themes, best wordpress themes and Free WordPress Themes